貸出本コーナーに『骨盤おこし エクササイズ』を置きました。

当園では、毎日の朝礼の際に「腰骨ピーン!」と言いながら立腰させています

骨盤が寝ていると重心が後ろに傾き、姿勢が悪化します。姿勢のバランスが崩れると、股関節の動きを制限してしまい、スタイルが崩れたり、外反母趾や膝痛、腰痛など様々な症状が表れます。成長期の子ども達にとって骨盤をおこすことは非常に大切なことです。そして、ご家族の方々も元気に過ごすために、是非「立腰」を実践してください